わたしたちの仕事
  • xxxxxxx

    林 恒平

    PROFIEL知多物流センター 輸送業務係 2009年4月入社
    製品出荷管理・出荷対応(ピッキング)を担当した後、2010年に現在の部署へ異動。

    1日のスケジュール
    8:30 帳票類の仕分け、運送会社への配布
    9:30 担当エリアの配車、営業担当・運送会社・お客さまなどからの問い合わせ対応
    10:30 休憩
    10:40 担当エリアの配車、営業担当・運送会社・お客さまなどからの問い合わせ対応
    11:40 昼食
    12:20 担当エリアの配車、営業担当・運送会社・お客さまなどからの問い合わせ対応
    15:00 休憩
    15:10 担当エリアの幹線輸送のための配車
    16:30 担当エリアの配車、営業担当・運送会社・お客さまなどからの問い合わせ対応
    17:20 退社
  • 物流現場のトラブルに素早く的確に対応し、
    スムーズな輸送を支える

    全国の物流がスムーズに回るよう、トラブルを解決

    知多物流センターでは、トイレや洗面化粧台などの住宅設備に関するLIXIL製品について、全国の物流を管理しています。その中で私が担当しているのが、関東エリアです。
    輸送トラックの配車や、毎日の配達に関する問い合わせ、さらに、物流に関するトラブルやクレームの対応も行っています。
    問い合わせや不具合の内容は「何時に配達されるのか教えてほしい」という営業担当者の質問から、事故を起こしてしまったという運送会社の連絡、届いた製品が破損していたというお客さまからのお叱りまで、さまざまです。
    事故やトラブルの現場が近ければ、直接出向いてその場で対応します。また、対応が終了したあとで、確認のために遠方まで出張することもあります。

    一つひとつの問い合わせに対して、最適な対応を考え実行する
    xxxxxxxxxxxxx

    毎日たくさんの問い合わせに対応していると、中には、似たような状況でのトラブルも出てきます。ところが、似ているからと前回と同じ対応をしてみても、それで解決するとは限りません。
    私たちの業務は、人を相手にしているからです。同じ対応で喜んでくださる方もいれば、逆に怒ってしまう方もいる。きちんとお話を聞いて、一つひとつ丁寧に誠意をもって答えていくことが大切なのです。
    また、事情説明ひとつ取っても、相手が営業担当か、運送会社か、お客さまかによって説明の仕方は違います。相手に伝えるべき情報はどれか、どのように話せばこちらの言いたいことが正しく伝わるのかを、常に考えながら業務にあたっています。
    決まった正解のない仕事ですが、だからこそ、自分なりに考えて実行した対応で、うまく解決まで導けた時の達成感は格別です。お客さまに「わかった。ありがとう」と言っていただけた瞬間は、この仕事をしていて良かったなと思います。

    知識・経験に基づく「コツ」を共有して業務改善を図る

    輸送業務係の仕事を担当して、もうすぐ10年になります。今でもとても難しい業務だと思っていますが、だからこそ、今後は業務改善に取り組んでいくことを目指しています。
    日々の業務にあたって、最も役立つのは蓄積してきた知識や経験です。「こんな時には、こうすればうまくいくだろう」という予測を立てつつ、状況や相手に合わせて動いていけば、対応の速度が上がります。特にクレームやトラブルの解決にはスピード感が求められるので、業務改善ができればお客さまや運送会社にも喜んでいただけます。
    業務改善のためにまず取り組みたいのが、ほかの担当者との情報共有です。毎日、何十件もの電話を受ける中で、なかなかそのような時間を取れずにいましたが、これからは自分から働きかけて、それぞれが持つ「対応のコツ」を発表しあえる機会をつくっていきたいです。

    xxxxxxxxxxxxx
わたしたちの仕事 TOPへ戻る